足がつるのは、あの栄養不足のせいかも・・・

こんにちは、12月に入りいよいよ今年も終わりに差し掛かっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

柔道整復師の後藤です。

今回は足がつってしまう原因について考えていきましょう。

原因の一つに、イオンバランスの崩れ(電解質不足)があります。電解質と言ってもナトリウムやカリウム、マグネシウムなどありますがカルシウムも重要な栄養素になります。

カルシウム(Ca+)

(カルシウムは、体内に1kg程度存在し、ほとんどは骨や歯を構成しています。体に循環しているカルシウムは神経の興奮を抑制したり、筋収縮が起きる時に必要な物質でもあります。)

カルシウムが欠乏してしまうと自分の骨を溶かして血中カルシウム濃度を上げます。それでも一定の濃度が保てなくなると神経が異常興奮してしまい支配されている筋肉が異常収縮を起こす(つる)というメカニズムです。

日本人が不足していると言われている栄養素は、カルシウムと鉄分です。

カルシウムを多く含む食材・・・牛乳、ヨーグルト、チーズ(吸収率が高い)

魚介類では、イワシ丸干し・干しエビ・シラス干し。野菜では、小松菜・乾燥ヒジキ。切干大根。

サプリメントもいろいろ出ていますが、頼りすぎると食品から吸収する力が落ちてしまいますので、しっかり食品から摂ることを心がけましょう。

古賀市、新宮町、福津市、久山町の皆様の健康を守る!!かづる鍼灸整骨院

交通事故、労災、各種保険取り扱い

マッサージ、背骨矯正、骨盤矯正、テーピング、美容鍼、リンパマッサージ、 

耳つぼ、JOYトレ、岩盤浴等のメニューもございます。

気になる症状、なかなか改善しない症状等、お気軽に相談下さい。

院内完全バリアフリー

小さなお子さん用にキッズスペース用意しております。お気軽にお越し下さい。

当院では院内の換気、ベッドの消毒、手洗いの徹底などのコロナ対策を実施中です。安心してご来院ください。

冷え症について③

こんにちは。
早いもので11月も終わりですね。

今回は内臓の冷え症全身の冷え症について紹介していきます。

内臓の冷え症は「隠れ冷え症」とも呼ばれ、30代以降の女性に多くみられます。
ぽっちゃり体型の人や食欲旺盛な人がこの冷え症の場合が多いです。

手足や体の表面は温かいですがお腹が冷えやすかったり厚着をしていても身体が冷えている感覚がある、冷えと同時にお腹の張りを感じやすいなどなど症状は様々です。

手足など身体の表面に冷えを感じにくいので自覚していない人が多く、放置していると内臓機能の悪化に繋がってしまいます。

内臓の冷え症の原因は自律神経の乱れ生まれつきの体質ストレスや過去に腹部の手術をしたことで血流が悪くなっている場合など様々です。
また、体を冷やす飲食物を多く摂取していると内臓が冷えやすくなります。

内臓の冷え症の人は食べすぎに注意しましょう。食事量は少なすぎてもだめですが食べ過ぎると発汗しやすくなり逆に体を冷やしてしまいます。
内臓を温めて全身の血流を良くするために白湯を飲むのがおススメです。
一気に飲まずに日に何度か分けて飲むと良いでしょう。

全身の冷え症は若者から高齢者まで多くの人に見られる冷え症です。

特徴としては常に体温が低く季節を問わず寒さを感じる点が大きく、冷えの自覚症状が薄い人が多いです。
ですが、慢性的な疲労感のような全身の症状として出ることもあるので放置していると身体機能の低下にもつながります。

原因としては食事量不足不摂生基礎代謝の低下が挙げられます。
体質服用している薬が影響を与えている場合もあります。

全身が冷える人は食欲がない方も多いため普段の食事量を増やすことで熱を作りやすい体にしていく事が重要です。
また、慢性的な全身症状が出ている人も多いので十分な睡眠や適度な運動など規則正しい生活を心がけていって体の調子を整えることも大切です。

人によっては症状が複合している場合もありますので自分の冷えの症状や原因をしっかり把握して対策していきましょう。

冷えは万病のもとというように体を冷やすことによってさまざまな不調をきたします。これからの寒い季節も身体を温めて乗り切っていきましょう。

雪景色|snw0024-033

古賀市、新宮町、福津市、久山町の皆様の健康を守る!!かづる鍼灸整骨院

交通事故、労災、各種保険取り扱い

マッサージ、背骨矯正、骨盤矯正、テーピング、美容鍼、リンパマッサージ、 

耳つぼ、JOYトレ、岩盤浴等のメニューもございます。

気になる症状、なかなか改善しない症状等、お気軽に相談下さい。

院内完全バリアフリー

小さなお子さん用にキッズスペース用意しております。お気軽にお越し下さい。

当院では院内の換気、ベッドの消毒、手洗いの徹底などのコロナ対策を実施中です。安心してご来院ください。